フラッシュ製作日記

初めていらっしゃた方はFIRSTへどうぞ。

製作日誌蟲編 その4

■第35回(5/31)
おじさんの顔の変型アニメーション作り。

■第36回(6/1)
おじさんの歩きの原画をイラレで作る。

■第37回(6/2)
作った部品をフラッシュに配置したりしていじる。
とうとう6月に入ってしまった。予定で今月末に完成。
今月は祝日がないから、平日に効率良く作業をすすめたい。
一年近く作品作りをさぼっていたから、今回は力をいれてやるぞー。

会社でウインドウズ機をもらった。今までは印刷だけだったけど、 これからはWEBの仕事もすることに。そっちの勉強もがんばろう!
コツコツ地道な作業ばかりだけど、やはり楽しいフラッシュづくり。
フラッシュにこだわらず、動画を作っていきたいなと思ってます。
で、そのためにはやはり根本的に絵が描けないと駄目っぽい。
絵の練習もコツコツと。
あと話もよくないと駄目っぽい。 だから話づくりもコツコツと。コツコツコツコツ。

■第38回(6/3)
  途中、一シーン追加とラストをちょっと変えることにする。
  あまりにも眠くてさっさと寝てしまったので作業はしていない。

  以下、会社で突然思ったこと。

フラッシュ作品「闇の左手」の第二話を作り始めたのが去年の五月で公開が七月。
その間、しょうもない失敗作を一個とちょこちょことイイラストを描いてい ただけで、ほとんどサイトの更新もせずにいました。
少しだけ白状してしまえば、第二話を作った後に気分転換に一ヶ月くらい別のことをして、それからまたフラッシュをやろうと思っていたのが、某所でとあるこ とに大はまり。せいぜい一ヶ月でやめておこうと思ったのがえんえんと七ヶ月に わたってやっていたのが原因です…。
何をやっていたのかは秘密なんですが、とりあえず自分の芸を見てもらって、お 客さんに反応をもらったり、構ってもらったり、批評されたり、喜んでもらった り、嫌われたりしているうちに七ヶ月。 ようやくそちらを一段落させて、フラッシュ製作に戻ることになったのでした。

いざフラッシュ製作の方に戻って、作業をほぼ毎日コツコツとやっているわけなんですが、見た人に楽しんでもらえる作品造りってしているのかなーとふと思うこともあったり。
正直、作りあげるところで手いっぱいで人を楽しませようというところまで手が 回っていないんじゃないかと。 そして考えてみれば、ほとんど見てもらう努力してないじゃん……ということに も気づいたり。
なんで絵を描くなんだろう、なんで漫画を描くのだろう、なんでアニメをつくる のだろう。
答えは単純に自分が好きだからに尽きるのだけど、人に見てもらって 喜んでもらえたら数倍うれしい。
某所で七ヶ月やってきたことのほうはマンネリにも悩まされつつも、実際にマンネリになりつつも、人を楽しませること自分の芸を見せることに全力を傾けてきたのに、こっちの自分の創作はそこまでやったことがない……。
別にお金をもらっているわけじゃない、仕事じゃない。だからといってそれでいいのかどうかといったら、あまりよくない。どうせやるなら、できることを全力でやりたいです。

…というようなことを仕事しながらだらだら考えていたのでした。いったい何を考えて仕事をしているのだろうか…。

■第39回(6/4)
早起きしてイラレでシーン作り。夜は眠いのだ…。

■第40回以降(6/5〜16)
このあたりの期間は日記をつけてなかったので、駆け足に。
とりあえず、残りのシーンを作ったり、つけたしたほうがいいシーンを作ったりしながら音を入れていました。
音は素材集を短く編集させてループ音楽にしたもの。本当は自分で曲が作れるのが一番なんなんだけどねえ…さすがにそこまではちょっと無理か。
ローディングを入れて、チェックしてみるといまいちはや回しっぽい感じ。
悩んだ末にフレームレートを12から8に落としてみました。
こっちのほうがちょうどいいかな。その分だけ上映時間も長くなってしまったなあ。
あとはローディングをいれて、完成。

▲戻る

ご意見、ご感想などがあればどうぞ。